太 陽 肥 料 株 式 会 社  

4.有機質肥料 
肥料成分供給を主目的とする肥料例 


  
有機質肥料は植物質も動物質も、その原料が生物なので複雑な含窒素有機化合物(タンパク質、アミノ酸等)有機リン化合物で構成されています。これらの特徴は施肥後、大半は土壌中の微生物によって分解され窒素やリン酸が無機化されて植物に吸収されるので素早い肥効は望めず、ゆっくり効いてくる緩効性の肥料といえます。

有機質肥料の施肥では@農作物の品質向上効果、A微生物による分解過程における生成物がもたらす土壌の物理性・化学性の改善効果、B微生物活動の活性化が期待されています。

ここで注意したいのは、あくまで緩効的な窒素、リン酸の供給を目的にしている有機質肥料の多くはC/N比が小さく微生物分解を受けやすいということです。最終的には炭酸ガスと水にまで分解されてしまいますので、これらによる土壌腐植の補給効果は意外に小さいものです。土質改善が主目的なら、窒素補給効果は小さいですが比較的C/N比の大きな有機物(堆肥等)の投入が大きな効果を期待できます。

最近は『有機』が過剰なまでに関心を集めており『有機=万能』と錯覚されることもあるようですが、理想のような万能肥料はありません。上述したように使用目的にあった有機質肥料選びを心掛けてください。また、【3.無機質肥料】で述べたとおり無機質肥料には無機質肥料の良さがあり、有機質肥料には有機質肥料の良さがあるのですから、お互いの特長を活かす組み合わせを考えるのも重要なことだといえます。 
土質の改善を主目的とする肥料例


  

 Copyright(C)2007-2009 Taiyo Fertilizer Corporation . All rights reserved